読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M.Iの日記

M.Iです~いま気になるものをつぶやきます^^

中心のある家

中心のある家

大人塗り絵にもなる^^;

こんなのもご紹介させてください(・∀・)イイ

建築家・阿部勤さんが贈る家のぬり絵本^^

「家と暮らし」を語った名著が、復刊! !

きみの心のイメージで、感じるままにぬってみよう。

気持ちのよい家がきっと見えてくるよ。

だそうです(・∀・)イイ

中心のある家 (くうねるところにすむところ―子どもたちに伝えたい家の本)

内容紹介です^^

建築界の“伝説の家"を、著者が数々のスケッチで紹介! !

「家と暮らし」を語った名著が、復刊! !

著者の阿部勤は、1936年生まれの建築家。著者の自邸は、建築好きの間では、

知らない人がいないほどの“伝説の家"と言われています。

その自邸「中心のある家」を著者自身が数々のスケッチでたどりながら、

案内してくれるのが、この本です。

その全てのスケッチには、まったく色がついていません。

「読者が自分の心地よさを、この本を読みながらイメージしてほしいと、あえて色をつけなかった」

と著者は書きます。

そのままお手元に置いたら、おしゃれな設計読本に。

スケッチに自由に色をつけたら、読者の皆さんの気持ちの良い暮らしの場が出来るはずです。

二通りの楽しみ方が出来る名著。満を持しての復刊です! !

▼内容
わたしの家を案内しましょう/街の風景として/住まいの顔/二重の囲い/ここは外?ここは内?/一枚の壁/家の中心の場所/家族の気配を感じる/家の中心 から美しい風景が見える/家族が集まる生活の中心/つくりながら食べるキッチン/モノに対するこだわりをたいせつにします/気持ちよく心やすらげる場所 /暮らしを楽しめる場所/外と内との間の大事な空間/鳥の巣のような暮らし/個室をつくらない暮らし/ワイドな眺めが心身を楽にします/デスクで中心をつ くります/包まれた場所/わたしの家を立体的に見てみましょう/どうしたら暮らしを楽しむ家になるのでしょう/からだが気持ちいい?他

※本書は、2005年・インデックス・コミュニケーションズ刊『中心のある家』を底本に、再編集・一部改訂して復刊するものです。 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

建築家・阿部勤さんが贈る家のぬり絵本。きみの心のイメージで、感じるままにぬってみよう。気持ちのよい家がきっと見えてくるよ。

 

大人塗り絵 ディズニー あつめました

 

 

大人塗り絵の世界へ旅行しよう

 

アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット



Amazonプライム・ビデオ  AmazonStudent